腰痛で整形外科からさじを投げられた方、ウェルカムです

ほとんど楽な体勢というものがなく腰痛と左下肢のシビレが続いている方。

立位は下部腰椎の過伸展と骨盤の前傾、いわゆる出っ尻。
当然仰向けでは寝られず、1~2時間の寝返りの度に痛みで目を覚ます日々。

筋弛緩剤、痛み止めは効くどころか逆に痛みが増すばかりで整形外科からはさじを投げられている。

それが1ヶ月以上間を空けても腰痛とシビレが感じなくなったと嬉しいご報告。
何か特別な施術をしたわけではなく、筋トレもしていない。

一番変えてもらいたかったのは姿勢。
当院に来ることはあくまできっかけで本人が姿勢に気をつけただけ。

今はもうメンテナンスだが、昨日ボソッと「数年前は歩けないくらい痛くて1ヶ月入院していた」とカミングアウト。

その頃から西洋医学には不適合だったのか何度ブロック注射をしても効果がなかったとのこと。

腰痛の原因が腰なんて全体の数%しかないだろう。
木を観る西洋医学と森を観る東洋医学の違い。

医師から「絶対治らない」と言われた言葉、鼻で笑ってあげましょう。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*