奥底に眠っている(かばっている)部分を引き出す手技を学ぶ

右脳人間なんていない。 もちろん左脳人間もね。

見た目のPCという形は一緒で中身がWindows(右脳)かMacintosh(左脳)の違いだけです。

それぞれは得意分野が違うだけで基本的に同じことができますよね。
片方のメモリがいっぱいになったら、もう片方に交替すればいいだけです。

問題はそれがスムーズに行われるかどうか。
今回のセミナーも深い内容ばかりで付いていくのがやっとです。

これが上級の厳しさです。
整体師のする施術というのはどんな方法であれ手を介して変化を促します。

ただ、それが本当の変えなければならないところかは分かりません。

もしかしたらカラダが作ったダミーに付き合わされているだけ・・・なんてことも。
今回は奥底に眠っている(かばっている)部分を引き出す手技を学びます。

相手の中に入り過ぎないようにコピー用紙1枚分の境界線を保ったままで。
喘息でむせる咳をしてしまう私にとっては辛い時間です。

それでもピタッと合った瞬間に詰まっていた鼻が通ります。
誰かのカラダを整えていくと施術者も整っていく感じです。

自分自身では整えられないので患者さんのカラダを介して整わせてもらっています(笑)。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*