初めての方へ

このページに辿り着いたということは症状の半分は解決ですね

改善への道はすぐそこにありますよ!

腰痛?肩こり? どんな症状でお困りでしょうか?
 一刻も早く症状を改善して日常の生活に戻りましょう。

目指すは普通のカラダ

えっ!? 意外でした? 
「整体に行けばすご~く楽なカラダになれるものだと思っていました」という声が画面から聞こえてきそうです。

もちろん症状が改善している期間はどんどん楽になっていく感覚です。
でもね、楽の先には普通という感覚が待っているんですよ。

思い出してみてください、元気に動けていた頃のあなたの姿を。
普通に食べられて、普通に動けて、普通に眠れていましたよね?
そう、当院が目指したいのはそういう普通なんです。


オリンピック選手もあなたもヒトとして基本的な構造は変わりません。
筋肉や内臓の数も一緒ですし特殊な血液が流れているわけでもありません。

その違いは何でしょう?
さまざまな理由がありますが簡単に言えば機能や感覚でしょう。

不調になる原因として、その偏りによってバランスが崩れてしまったことが筆頭に挙げられます。
正しくカラダを使っているつもりでも筋肉の強張りによって正常な位置で関節が動けなくなりダメージを残してしまうなど。
感覚も同じですが脳に正確な情報を送れませんとダメージを修復するための栄養が患部以外に流れてしまうかもしれません。

機能や感覚のバランスが正常に近づくことが改善への近道です

初めての方へ

初めまして「ひだまり整体院」院長の横堀友和です。
生まれも育ちもここ米沢です。

勉強のためにしばらく東京へ離れていましたが、地元へ『恩返し』したいという思いで2007年10月に「かないけ整体院」を開業しました。

そして2012年12月に「ひだまり整体院」へ移転オープン。

街の中心部から郊外に移転するのは悩みましたが米沢でも比較的自然が残っていて冬は白鳥の鳴き声が聞こえてくる土地に惚れて決心しました。

今では畑いじりもするようになり手の感覚だけでなく五感が研ぎ澄まされた感じも得られています。

この世界に入るきっかけは中学生からの腰痛でした。当時ソフトテニス部に所属していて多少腰には負担のかかるスポーツでしたが、同じ練習をしていても同級生は何ともありません。

「何で自分だけが…」とも考えました。
部活が始まるといつも「腰いて~」と口癖のように言っていました。

本当にひどくなると整形外科や接骨院に行っては湿布やコルセットを買う日々。
ただ、やはり貼ったり巻いている時だけ少し楽になった気分になるようなその場しのぎでした。

高校を卒業後、周りと同じように普通に就職しましたが腰痛は更にひどくなりました。
ぎっくり腰になり会社を休む日も増えるばかり。

二十歳前後の若者が「人生って辛いね。腰が痛くても働かないと飯が食えないんだよ」とボヤきながら通勤する日々。

「このままでは仕事を続けられなくなる」と思い、なんとかその場しのぎでなく根本的な改善をしてくれるところはないだろうかとタウンページをめくりました。

そこで出会ったのがカイロプラクティックです。その時は全然体について詳しいわけではありませんでしたが、ただ単に痛い場所に電気をあてるではない、そして機械を使わずに手技のみで体を自然に改善するといった考えに共感を覚えました。

その後、勤めていた会社を辞め不純な動機ではありましたが「自分治し」の効果を密かに期待しつつ東京の専門学校へ入学することになりました。

そして東京で出会った療法で人生の半分も患っていた腰痛から解放されました。

これまでカイロプラクティック学院や各種セミナーで得た知識・技術を加えて地元の健康のために貢献したいと思い開業した経緯です。

施術を受ける前にもっと横堀の人となりを知っておきたい方はぜひブログをご覧ください。随時更新中です。
ご来院されている方からはよく「そのまんまですね (^^)」と言われます。

そのブログにも書いていますが登山は研究を試す場になっています。
その成果は富士山を日帰り往復しても筋肉痛にならないレベルまで到達しました。
まだまだリベンジしなければならない山々が待機していますので機会を窺っているところです。

年間に長期休暇を3回取らせていただいていまして北海道から九州地方まで旅行しています。一番遠い沖縄が残っていますが、しばらく先になりそうです。

若かりし頃は38日間、距離にして約1,200kmの四国八十八ヶ所お遍路巡りを徒歩で到達しました。そこから一期一会の精神が根付きましたね。

年齢のわりに人生の経験は豊富かもしれません。
カラダ以外のご相談も承っています(笑)。

1977年8月8日生まれのA型です。
なんとカンボジア国籍になった猫ひろしさんと生年月日と血液型が一緒です。
私はしばらく日本国籍で居たいと思います。

猫さんと違い、私は昔から撮られることが苦手です。私がそうなので患者さんの写真もありません。
唯一ホームページに載せているのはモデルに協力してもらった姉だけです。
全世界に画像を見せるのはアピールにもなりますが同時に怖いことでもあるので。
こんな性格なので隠れ家的な当院にいらっしゃる方々も何となく似ていますね。

各分野でご活躍される方々が多いですが、さすがに私はそのお仕事を体験できません。
それでも改善のために何かヒントにならないかと欠かさず観ているテレビ番組があります。

・ガイアの夜明け
・プロフェッショナル 仕事の流儀
・総合診療医 ドクターG
・中井貴一のサラメシ
・題名のない音楽会
・ダーウィンが来た!
・ドラゴンボール超

一番下は完全に趣味ですが(笑)。
プライベートでも異業種の方と話すことがとても刺激になります。
ご活躍されている方々の共通点は皆ニコニコして発言が前向きですね。

はじめに

ひだまり整体院では筋肉や関節に対し手技のみで施術し、血液や体液の循環不良を改善し、あなた自身が持っている自然治癒力を最大限に高める施術をいたします。

施術によってあなたへ進むべき道へ導き出す力を与えることも私にできることの一つだと考えております。

症状の軽減や回復はもちろん、予防ケアまであなたの専属トレーナーとしてトータルにお手伝いさせていただき一人でも多くの方々の健康をサポートをすることがモットーです。

なぜ、症状が改善しないの?

なかなか症状が寛解しないという方は自然治癒力が弱まっているか、そもそも問題の解き方を知らない(忘れた)からです。

難関大学を目指しているのにテストの点数が取れない子がいます。
勉強の仕方が悪いのでしょうか? いいえ、そんなことはないと思います。

取りこぼしてきた(つまずいた)問題を確実に拾っていけば、自ずと点数を稼げます

現在悩んでいる難しい問題を数学として喩えます。
その問題を解くためには高次方程式の理解力が必要です。
ただし、それが理解できていなかったら?

数学は積み重ねて理解していくものなので、どこの時点でつまずいたかを知って解決していかないと先に進んでもどんどん理解不能になりますよね。

中学校での因数分解なのか? はたまた小学校での割り算かもしれません。
早く問題を解いて先に進みたい気持ちは分かります。
私が答えを教えてもいいのですが、進んだ先でまた同じ問題に出くわしてしまったら同じ結果が待っています。

そうならないためにも一旦つまずいたところまで遡って確実に理解するまで問題を解きましょう。
するとその後は解ける自信がついていますから同じミスを繰り返しません。

カラダの改善も同じことで「ああしたい、こうしたい」と言っても「そのためには」を考えていかなければなりません。
時間はかかりますが、それを克服していった方は皆さん年間通して元気に動けています。
疲れても寝たら回復するという理想的なレベルに到達しているからです。

学校ではなく、予備校です

学習指導要領通りに進めていかなければならない学校と違い、ひだまり整体院は個別指導の予備校のようなイメージです。
個別指導にマニュアルはありませんから経験値と相性が物をいいます。

 

ひだまり整体院の考え方

まず、体が痛いという時には必ずどこかに原因があります。
カラダは意地悪で痛みを起こしませんから。

例えば首・肩こりからくる頭痛のように、痛みが出ている部分(こめかみや後頭部)をいくら押したり揉んだりしてもその場では一時的に楽になるのですが、結果的にこの場合の原因(首・肩のこり)はそのままなのでまたいつかはぶり返してしまいます。
もっと分かりやすく言うと、テレビのアンテナが壊れて映像が映らないのに、テレビ本体を修理しているようなものです。

当院では根本的な改善をするために様々な検査・カウンセリングで原因を分析していきます。そして症状の原因になりそうな筋肉・関節を正常な状態に戻します。そこからが当院の施術の本領発揮です。
カラダを壊してしまったということは誤った使い方をしてしまったということです。それを正しい使い方に修正していくことが症状を何度も繰り返さない方法となります。

運転手はあなたです!
当院では脱線してしまった電車を本線に戻し本来の目的地へ軌道修正する手助けをしています。

「ひだまり整体院」という名の『駅』でありたい

日常という周回コースを走り続けていると知らず知らずにダメージを負うものです。
あなたという電車に何人乗車しているでしょうか? 家族・職場の人など。
突然線路の上で立ち往生してしまったら流れが滞って迷惑をかけちゃいますね。

駅で定期的にチェックしていれば不具合もなく安心して走り続けられます。
パンタグラフの調整・連結器の点検・ついでに車両の掃除もしておきましょうか。
これでまた安心して出発できますね「行ってらっしゃ~い」

その周回が何周になると壊れる予兆が来るのかは人それぞれです。
猛スピードで回り続ける人もいれば丁寧に回る人もいます。
時には行ったこともない場所に行く必要も出てくるかもしれません。
忘れ物もないでしょうか? さぁ人生という長い旅を楽しんでいきましょう。

何かを新たに始めるには勇気が必要ですよね

症状の大小に関わらず真剣に体を改善したいという方を特に応援します。
それでも初めての整体なら不安ですよね。

一言に整体・カイロプラティックといっても施術者の考え方や施術内容は十人十色です。
「わたしに合うのかなぁ?」
このページをご覧になっているということは私と何かのご縁があるのかもしれませんね。

不安をゼロにしてからのお電話ではカラダのほうもお辛いでしょうから、まずはお試しという感じでも大丈夫ですよ。初回時にその不安が解消されるといいですね。

新しいことを始めたいとき、最初の一歩はとても勇気が入ります。
そして進まなかった一歩は未来の後悔に必ずなります。
一歩の勇気のほうが永遠の後悔より遥かに楽ですよ。


ご予約はこちらの番号から→0238-21-7739

お電話には「はい、ひだまり整体院です」と出ますので「初めてなんですがホームページを見て予約を取りたいんです」とおっしゃってください。
その際ご希望の日時や時間帯もおっしゃっていただけますとスムーズにご案内できます。

施術方針

①症状が出ているところだけでなく、その症状を引き起こしている原因を改善して繰り返さない方向にカラダを軌道修正することを目的としています。

②機械は使わず親が子どもにする手当てのように手技のみの施術をします。ボキボキする矯正はほとんどしておりません。

③1~2ヶ月に1回は必ずセミナー(勉強会)に参加し、常に新しい情報や考え方を仕入れています。それを元に一般の方にも分かりやすく丁寧な説明をいつも心掛けています。

日本人には日本の伝統医術が適しています

あなたが悩んでいる辛い症状に応えるべくセミナーや勉強会で日々研究し続けています。
参加者は全国各地で活躍される治療家たちでお互い刺激を受け与えながら高みを目指しています。
施術の基礎としているのが「大和整体」です。

それは850年の昔から語り継がれている日本独自の医術です。
東洋医学から伝わったものを我々 倭(ヤマト)民族に適した形に発展させてきました。
もともとは武家にあって「いかに後継者(長男)を生かすか」という目的のために発展した医術です。
不特定多数の人を治すのではなく一人の人を深く診ていくということに特化しています。

例え同じ症状であってもカラダの中で起こっていることは人によって異なりますからね。
「どうすればあなたのカラダが先々まで健康でいられるか?」を常に考えながら施術しています。

もちろんそれ以外にも女性一人でも安心して通って頂けるように、時には笑いを交えながらリラックスした雰囲気にしたいと常々思っております。

そしてあなたが「こうなりたい」や「治ったらもう一度あれをしたい」といった想いに対して私がどれだけ応えられるのかを一番に考えています。

私と一緒に顔晴り(がんばり)ましょう!

施術の流れについて

1.カウンセリング(初回のみ)

『こんにちは  どのような症状でお悩みでしょうか?』

初めてお越しいただくお客様には、まず現在お悩みの具体的な症状についてカルテに記入していただいてからカウンセリングが始まります。 

どんな小さなこと(例えば子供の頃に足首を捻挫してそのまま放っておいた等)でも施術をする上でヒントになる場合もありますのでお気軽にご相談ください。ここで骨模型や筋肉の絵等をお見せしながら、施術するポイントを説明していきます。

2.検査

『まずは何気なく立ってみてください』

基本的に人間は2本足生活なので、立っているときの姿勢が一番そのときのカラダの状態を現しています。
立つ姿勢を見ることで流れがいい部分、反対に各関節の繋がりが悪い部分、無意識ですが明らかに一部分をかばっている、などバランスの悪いところが見えてきます。

そこである程度の施術ポイントを決めてから筋肉の状態、関節の可動域、神経の流れ、といったような細かいところもチェックしていきます。
ここで関節の調整が必要かどうかも考えていきます。


3.筋肉や骨格・関節の調整

『症状を繰り返さない状態にしていきましょう』

カウンセリングや検査である程度特定した筋肉を中心に全体のバランスをみながら緩めていきます。

基本的には指を使いますが部位によっては肘を使ったりストレッチををかけながら無理なく調整します。

筋肉を押しながらその筋肉の状態が今よりもっと悪くなると、どこに痛みを飛ばしてしまうのか、といったこともお話しします。

慢性的な姿勢等の歪みがあると筋肉のみを調整しても、なかなか元には戻らない場合があります。
その場合には靭帯や腱も対象にして背骨や骨盤の歪みを整えていきます。そうすることで神経が円滑に働き本来の動きを取り戻しやすくなります。


4.腹部の調整

『腹部の筋肉がゆるむと腰も楽になります』

腹部の奥の方には腰の筋肉があり、腰痛や股関節痛にも影響がありますのでそのような症状の方はほぼ確実に調整します。

また腹部が固くなる原因として姿勢以外にも食生活の乱れにより、知らず知らずのうちにご自身で固くしている場合も多いので、その辺も聞きながら施術します。
明らかに内臓が原因で歪みが生じている場合は直接その内臓に手を触れて施術することもあります。内臓が自由に動けるようになりますとお腹周りが軽くなります。


5.頭部と首

『首周りの筋肉やリンパ液の流れを調整します』

首周りには頭部に痛みを飛ばす性質の筋肉が多数あります。
慢性的に頭痛がある方は、この周辺にある痛みを引き起こしている原因の筋肉を調整することで改善する例が多くあります。

顎関節の痛みは頭蓋骨の歪みが原因で起こる場合が多く、その時は位置関係を合わせて顔や首周辺の筋肉を調整することで改善が期待できます。
また顔のむくみにも効果はあります。


6.今日からできる簡単なセルフケアをアドバイス

『ご自身のカラダに対する意識が変わるともっと楽しい生活に』

施術が終わるとしっかり呼吸もでき、体が軽い状態だと思います。
しかし、せっかく施術をしても日常の生活の中で無理のかかることがあっては症状も元に戻りやすくなってしまうので油断はできません。
特に長い年月を経て症状が出てきている場合はカラダにも癖がついていて、それを改善するためには施術だけではなかなか追いつかない場合もあります。
そこで、また調子を下げてしまわないよう、それぞれの身体の状態に合せて日常生活でのポイントをアドバイスいたします。

例えば一般的に「腰痛の人は腹筋を鍛えなさい!」と聞いたことがあると思いますが、私自身の経験上そんなことは無駄だと思っています。筋肉の多い少ないで症状が変わるなら男性より華奢な女性は皆腰痛を持っていることになります。
そんなはずはないですよね? 

こんな感じで一般的に信じられていることと真逆のことを言うことも多々あります。
うさぎ跳びのように昔は常識だったことが現在では非常識となり得ますからね。

バランスが大事! 前後左右といったように筋肉の緊張のバランスがどの部位でも取れていれば関節は本来のポジションに戻ろうとしますからカラダを最小限の力で動かすことができます。言うなれば小学校低学年のようなカラダが理想です。

いっぱい遊んで「あー疲れた」と言って帰ってきてグッスリ眠ると翌日には筋肉痛になることもなく元気に復活。皆さんも昔はそうだったのですから「未知の領域に行ってみましょう」ということではありません。年齢も性別も関係ありません。楽に動けていた頃の状態に戻すだけです。

まず大事なのは今の状態を知ることから。
体感できる器具をたくさん用意しています。

地図上で現在地が分かればゴールまでの道順が何通りか出てきます。
アップダウンの激しい道を選択し最短時間で行くか、緩やかな道でのんびりと行くかは自由です。

私の役目として道中お腹が空いたらおにぎりを渡したり、もう少しで登れそうな壁を背中から押してあげるようなイメージと考えております。

 

症状改善への近道

来院間隔の違いで施術効果がまったく変わってきます

まずはこちらの「カラダ回復グラフ」をご覧ください。


何といっても一番理想的なのは黄色のラインのような短期集中型です。
そして長期的に見ても少ない回数で症状の改善になりやすいので経済的です。
来院間隔はずっと同じではなく体調のキープ力次第で「徐々に間隔を空けていきましょう」というスタンスです。

青色のラインのように始めから間隔を空けすぎますと次に施術する頃には前回の施術効果はほぼ消えていますので、またやり直しの部位が多くなります。
結局、少し良くなってまたすぐに痛みのある状態に戻ってしまいがちで、施術を受けても辛い状態には変わりなく徐々に気分が憂うつになってきます。

大事なのは前回の施術効果を残したまま次回の施術を受けることです

単発のCMではなく連続性のある映画というのが当院の施術スタイルです。
途中まで見たら一度セーブして[続きを見る]から始められると理想的です。
ヒトは忘れやすい生き物ですからね。

症状の重い方が変化を感じられるまで

同じ映画を一緒に見ても感想は人それぞれで違います。
施術も同じで感覚が鋭い方と鈍い方では変化が大きく異なります。
例えば沈没船を引き上げるのに地上からあなたが指揮しているとします。

海底100mから引き上げ始めて半分の50mまで上がってきたとしても地上から見ればその変化は分かりませんよね。もう少し引き上げませんと肉眼で沈没船を捉えることはできません。

症状の重い方ほど深いところに沈んでいますので、目に見える変化は数回施術してからということもあります。
施術している側からすると変化は見えていても、それを感じていない方へ押しつけることはしません。
変化は本人が感じて初めて変化と呼ぶものなんです。

後ろ(過去)を振り返らず前(未来)を見続ける方のほうが症状の改善として早いわけです。
諦めたらそこで試合終了ですよ。