施術コース・料金案内

受付時間
午前9:00~午後4:00
午後4:00~午後7:00

※火曜日・偶数月の第2日曜日は休診です。
 その他セミナー出席によりお休みすることもあります。

※予約制となっておりますので、お電話にてご予約ください。

コース
整体・O脚矯正コース
初回・一般の方  80分(カウンセリング含)2回目以降 50分
初回・高校生以下 60分(カウンセリング含)2回目以降 40分
料金
料金
初回検査料 初回時のみ1,000円
施術料・一般
施術料・高校生以下 
4,000円
2,500円

※表示は全て税込み価格です。初回検査料 1,000円が施術料とは別に初回時のみ必要です。

私が中高生の頃いろいろとケガをしましたし、その年代は親のすねをかじって生活していますので高校生以下は通う負担にならないようなサービス料金にしております。

予約した日時に行けなくなってしまったらお早めに変更のご連絡をいただければ幸いです。その枠を他にご希望される方へお譲りすることができますので大変助かります。

整体予約とキャンセルポリシー

大変ありがたいことに、ひだまり整体院では皆さまからたくさんのご予約をいただいております。
せっかくお電話いただいても日時によってはお断りしてしまうことも多々あります。
そこで予約の取り方とキャンセルについてお願いがあります。

整体の予約の取り方

このページをご覧になっているということは、おそらくまだご来院されていな方だと思います。
移転前の「かないけ整体院」で施術を受けたことのある方は「初めての方」ではありません。

初めての方は電話予約のみで承っております。
その際「初めて電話します」と仰っていただければスムーズにご案内できます。
施術時間が初回の方は80分で、2回目以降の方は50分と異なるためです。

施術中は電話に出るまで時間が掛かってしまうことが多いです。
だいたい5回目以降のコールから電話を取ることができます。

ご予約に関して、例えば2回目以降の方のご予約が既に9時と11時に入っていて10時の枠が空いていたとしても初回の方は入れません。
どうしても60分の間隔で予約を埋めてしまうためです。
そのような理由で当日お電話いただいても初回の方はお断りしてしまう確率が高くなっています。

できましたら初回の方ほど日程に余裕を持ってお電話いただければ幸いです。
2回目以降になりますと、次回のご予約を入れて帰られるのが最も確実で大半の方がそうされています。

キャンセルポリシー

当院では私一人が責任をもって施術していますので一日で施術できる人数が限られます。
ご予約をいただいた場合、当然ながら同じ日時の枠に他の方から問い合わせがあってもお断りするかキャンセル待ちとさせていただいております。
そのため無断キャンセルや当日のキャンセル・変更をされますと他の方が施術を受けられなくなってしまいます。

ご予約のキャンセル・変更は前日までにお願いします。それ以降のキャンセル・変更はキャンセル料(施術代と同額)をご請求させていただきますのでご了承願います。
ただし、予約日の前日が当院の定休日の場合は、その休日前の営業日までとします。

※事故、災害、交通トラブルなど回避不可能な理由の場合はキャンセル料はいただきません。
急なお仕事や用事など個人的なご都合の場合はキャンセル料を請求させていただきますのでご了承ください。

ぜひ、ご予約のお時間を大切に扱っていただき、一人でも多くの方がご希望の時間に施術を受けられるよう、どうかご理解とご協力をお願いします。

O脚矯正について

過去にO脚矯正を施術院で受けた、もしくは雑誌等を見て試した、という方がいらっしゃいます。
なぜ改善しなかったというと間違った認識のまま努力したからです。

「内転筋が弱っているからO脚になるんですよ」
「骨盤が歪んでいるからO脚になったんですよ」
大半の方がそう言われたり雑誌に書かれていることを鵜呑みにしてきました。

O脚の方は確かに内転筋が弱っていますが、それは結果であって原因ではありません。
骨盤の説も同じで、例え骨盤矯正してもO脚にとっては何の変化も起きていません。
じゃあ何が原因なの?

ズバリ言わせてもらえば姿勢と生活習慣です。
O脚の方の姿勢はほぼ100%反り腰なんです。
そして生活習慣の一つひとつがO脚を助長させているのです。
それを正常な方と同じような習慣と思考に変えていきます。

具体的には膝を正しい位置に戻すために股関節周辺の問題を先に取り除きます。
そこからゴムチューブを使って本来あるべき膝の位置で固定します。
約10~15分ですが、目的は粘性の靭帯を変化させるためです。
その間に股関節を正しい動きに誘導するように脳へ記憶させます。

施術後はO脚になりにくい立ち方、歩き方、座り方などを覚えていただきます。
これを実践し続けることでO脚ではない人と同じ生活習慣を身につけることができます。

ただし、中には当院のO脚矯正に向かないタイプの方もいらっしゃいます。
初回時にしっかり説明しますが、膝の皿が正面か外に向いているのは難しいタイプです。
逆に内側へ向いていましたら改善の可能性が高くなります。

ある程度靭帯が柔らかく脳が変化を受け入れやすい方は6回くらいで改善しやすいです。
具体的なゴールも初回時に「この辺りくらいまでは寄せられると思います」と伝えています。
その検査である程度の施術回数が経験上で伝えれると思います。