朝、起きるときに足を攣(つ)りやすいんです

朝という一日の始まりからいきなり襲ってくる悶絶する痛み

おそらく人生に一度は誰もが経験していますよね、足の攣り。
その攣った痛みで起こされると朝からテンションがた落ちですね。


この「筋肉が攣る」という現象は単純にいえば「筋肉の痙攣(異常収縮)」です。
年齢によっては「こむら返り」と呼ぶこともあります。

筋肉は縮まったときしか攣りません

朝、一番攣りやすい部分はふくらはぎではないでしょうか?
布団の上で「あ~ よく寝たー」とギューっと伸びをしている最中だったら止められるかもしれません。
つま先を伸ばすのではなく踵(かかと)を伸ばしてみましょう。

つま先を伸ばしますとふくらはぎの筋肉が縮みます。
でも、踵を伸ばすなら縮む(攣る)ことはありません。
伸ばす気持ちよさは、つま先より半減するかもしれませんが…。

季節ごとの原因も考えられます

夏は汗をかいて、冬は乾燥で水分やミネラル不足になりがちです。
ミネラルはミネラルでもマグネシウムが足の攣りに関係します。
この辺は詳しく書くと長くなりますので端折ります。

寝具も関係します。 特に冬、毛布の重みが追加されたとき。
仰向けに寝ていますと足の甲に掛け布団や毛布の重みが掛かります。
すると足裏やふくらはぎは筋肉が収縮した状態を強いられます。

この状態が続くと寝返り等のワンアクションで攣ってしまうこともあり得ます。
冬季間は少しでも軽くて暖かい寝具があるといいですね。

それでも起床時に攣ってしまいました

起きてしまったことは仕方ありません。 冷静に対処しましょう。
収縮しているわけですので、ふくらはぎの筋肉を伸ばすような動きです。
こちらのサッカー選手をヒントに。


足裏を攣ったのなら母趾をつかんで手前に持ってくるように伸ばします。
いずれにしてもジワ~とゆっくりが鍵です。
反射的に縮んでいるわけですので勢いをつけますと筋繊維が切れるかもしれません。

どうすれば攣りにくくなりますか?

コンディションがいい筋肉はいくら縮めても攣りません。
間違いなく硬くなった筋肉が攣りやすくなります。


硬くなる要因はいくつかありますが、ひとつは一部の筋肉の使いすぎ(頼りすぎ)です。
特に姿勢不良で筋肉へ負担を掛けすぎているパターン。
これは早めに骨へ体重を乗せるという感覚を覚えませんと繰り返しやすくなります。

いかに筋肉の過度な緊張をさせないでも生活できるカラダを手に入れるか、ですね。
意外と正しい姿勢を覚えることは簡単ですよ。

毎晩ふくらはぎのマッサージをしてから寝ているんですが

いい心掛けですね~
でも、カラダをチェックしますと大腿部の内側が硬くなっている場合があります。

老廃物を運ぶ静脈のスタートを足裏とすれば、ふくらはぎは中流ですね。
そして大腿部が川幅の広い下流となります。
いくら中流の流れを良くしても下流で流れが滞っていましたら、せっかくの行為も半減します。
せめて大腿部の内側を擦るだけでも効果は得やすいと思います。

このページでは起床時の足の攣りに限定しています。
脳梗塞の前兆や糖尿病、腎不全等でも攣りやすくなります。
頻繁に攣る場合は医療機関の受診も視野に入れてくださいね。