ストレートネックは首だけの問題ではありません

ストレートネックは首だけの問題ではありません

このページは「なぜ日本人は世界的に見ても肩こり患者が多いの?」を読んでからですと、より納得しやすいです。

まず、ヒトの脊柱の生理的湾曲からおさらいしましょう。
腰椎は前湾、胸椎は後湾、頸椎は前湾でしたね。
そのうち、頸椎の前湾カーブを失って真っ直ぐになってしまうことを「ストレートネック」と呼びます。


本当にストレートネックって首が原因なの?

ひだまり整体院には「整形外科でストレートネックって言われました」という方が多くいらっしゃいます。
姿勢分析してみますと確かに頸椎は真っ直ぐですが、同時に平背でもあります。
頸椎から下が正常のカーブを描く人がいきなりストレートネックになるはずがありません。

胸椎の後湾を平背によって失っていくことで、その上の頸椎は自然とバランスを取り真っ直ぐになっていきます。
それがカラダの自然な反応(連動)なので異常ではありません。
見た目でいうと胸を張って顎を引いた姿勢です。

頸椎の前湾は胸椎の後湾に比例して形成されます

ですから背中を丸めた分しか頸椎の前湾は生まれません。
辛いストレートネックから抜け出すには背中を丸めることが鍵です。

下のデスクワークしている2枚の画像を見比べてみてください。


同じPC画面を見ているわけですが着目していただきたいのは胸椎と頸椎を連結する角度です。
左側は急角度なのに対し、右側はなだらかなカーブで重い頭部を支えています。
どちらが肩こりになる筋肉に負担をかけているかというと左側です。

これはスマートフォンを見ている姿勢でも同じです。
背中を丸めて脱力した右側が理想で、ストレートネックにもなりにくいのです。

ディスプレイの大きさによりますが目線が正面を向けるようであれば、耳と鼻の穴が平行になるといいですね。


左側のように顎を引いた姿勢ですと女性の大敵である皺(しわ)が首の前面にできてしまいます。
右側は重い頭部を脊柱全体で支えていますので首・肩のこりから解放されます。

デスクワークに限らず立位でも鍵は脱力です

中途半端に背中を丸くすると完全に抜け切らず、中途半端に力みが生じてこりをつくってしまう方がいます。
そうして湿布に手を伸ばしていくものです。

「肩こりには冷湿布と温湿布どっちがいいの?」

常温のビールに湿布を貼ってみましょう。
常温の缶コーヒーに湿布を貼ってみましょう。
ビールは冷えて缶コーヒーは温かくなったと思いますか?
実際に試すまでもなく賢明なあなたは温度が変化しないことをイメージできたと思います。

基本的には冷湿布も温湿布も消炎鎮痛剤が入っています。
違いはメントールなどを塗布して冷たい感じにしているのが冷湿布。
カプサイシンなどを塗布して温かい感じにしているのが温湿布。
言葉の綾で正確には冷感湿布と温感湿布なのでしょうね。

消炎鎮痛剤はその名の通り炎症を抑えて痛みを和らげるのです。
炎症が長引くと患部が腫れて過敏になるので血管の拡張を抑制するわけですね。
血管が収縮していくと感覚が鈍くなるので治った気になります。

これが炎症ではなく、ただの肩こりだったとしたら?

ただでさえ循環の悪い患部に血管を収縮させる湿布を貼るわけです。
筋肉は血液から栄養をもらって修復していくのに矛盾していますよね。

慢性症状から抜け出したかったら湿布はどうしますか?
私はヒントと情報を与えるだけで決めつけはしません。

 

 

目からウロコ!新・姿勢の常識 ページ一覧

なぜ日本人は世界的に見ても肩こり患者が多いの?

なぜ日本人は世界的に見ても肩こり患者が多いの? ※この姿勢についてのページは読み進めるとショックを受けて気分を害される恐れがあります。 特に「胸を張って顎を引く」という軍隊のような姿勢が健康にいいと心から信じている方はペ …→続きを読む

巻き肩(前肩)って実は悪い姿勢ではなく、それが普通なんです

巻き肩(前肩)って実は悪い姿勢ではなく、それが普通なんです まず、あなたに簡単な質問をします。 歯を磨くとき、顔を洗うとき、ハンドルを持つとき、肩甲骨の位置は斜め後ろ・真後ろどちらにありましたか? 「斜め後ろです」 「そ …→続きを読む

ストレートネックは首だけの問題ではありません

ストレートネックは首だけの問題ではありません このページは「なぜ日本人は世界的に見ても肩こり患者が多いの?」を読んでからですと、より納得しやすいです。 まず、ヒトの脊柱の生理的湾曲からおさらいしましょう。 腰椎は前湾、胸 …→続きを読む

良かれと思って行っていたストレッチが実はパフォーマンスを下げていたなんて

良かれと思って行っていたストレッチが実はパフォーマンスを下げていたなんて まず、質問です。 似たようなパフォーマンス能力を持っている2人がいて、これからボール投げの競争をします。 Aさんは開始ギリギリまで腕・肩周りを入念 …→続きを読む

外反母趾になってしまう理由とシューズ選びのコツ

外反母趾とシューズ選びのコツ 「人生で一度もハイヒールなんか履いたことないのに外反母趾になったんですよ」 「一本の白線ラインを踏むようなウォーキングを指導されたのですが、どんどん扁平足になっていくような気がして」 ひだま …→続きを読む

雪かきをスコップで行うときに腰痛になりにくいコツ

雪かきをスコップで行うときに腰痛になりにくいコツ ここ米沢では冬になると必ずしなければならないのが雪かきですね。 その雪かきで腰を壊してしまう方が毎年多いです。 特にスコップ作業で壊してしまうメカニズムを紐解いていきまし …→続きを読む