外反母趾になってしまう理由とシューズ選びのコツ

外反母趾とシューズ選びのコツ

「人生で一度もハイヒールなんか履いたことないのに外反母趾になったんですよ」


「一本の白線ラインを踏むようなウォーキングを指導されたのですが、どんどん扁平足になっていくような気がして」

ひだまり整体院では上記のような足のお悩みを聞くことが多いです。
外反母趾や扁平足になる原因は様々あります。
少なくてもハイヒールやスニーカーといった靴の種類ではなくサイズ選びが原因という例が多いです。
そして人間の構造を無視した間違った歩き方では足の変形を助長させてしまいます。

足関節は二階建て構造だった

足で一番大きい骨は踵骨(しょうこつ)ですね。
当然大きいということはカラダの安定にも一番適しています。
その踵骨は足の中心よりも外側(小趾側)に位置しています。

踵骨と繋がる骨(赤ライン)を見ていきましょう。
末端は薬趾と小趾ですね。 これが一階部分です。

次に踵骨の上に乗っている距骨(きょこつ)からの繋がり(青ライン)を見ていきましょう。
それは母趾,示趾,中趾ですね。 ここが二階部分です。

もうお分かりですね、母趾側と小趾側どちらに体重を乗せると安定するか?
一階部分の小趾側で立つことで足の接地面積が増えて安定できます。

安定すれば立位での筋肉の活動量を極力抑え、骨で体重を支えることができますので体力を温存できます。

母趾側で体重を支えて続けてしまうと土踏まずの縦アーチを潰してしまい、扁平足になり母趾の形を崩していくことに繋がります。

土踏まずはバネの役目です

一階部分は安定向きのだとすると二階は大きな力を生むといえます。
重いものを持つときや走るときは土踏まずのバネが必要です。
静の状態から動に移る際にバネを伸ばし、その反動で飛んだり持ち上げたりすることが容易になります。
ですから動作の始めから母趾側体重になっていますと、反動という大きな力を利用しにくくなってしまいます。
それではパフォーマンスは落ちますし、何より膝や股関節の症状を引き起こすきっかけに繋がっていきます。

靴のサイズ選びは逃げずに攻める

「足の長さはいくつですか?」と訊くと「○○cmです」と靴のサイズを答えられる方がほとんどです。
身長と違って身体測定で測らないので、なかなか裸足のサイズって知らないようです。
でも、この裸足のサイズが故障しにくい靴選びに重要な役目を果たします。

こちらは私のランニング・シューズ(25.0cm)のインソールです
 

私の裸足のサイズは24.9cmです。ジャストフィットを望めば選択肢は足と同寸が理想です。
画像をご覧になって分かる通り、インソールの長さは26cmですね。
そうなんです、メーカーは初めからサイズ表記よりも1cm大きく作っています。

何のための25.0cmというサイズ表記かというと裸足が25.0cmの人が履くためのものだからです。
せっかくそう表記しているのに例えば私が25.5cmや26.0cmを選んでしまうと靴の中では1.5cm~2.0cm大きくなるので、足が泳いでしまい足裏にマメができる要因を作ってしまいます。

足の血豆は決してサイズが小さくて起こるものではありません。
逆に大きすぎて何度も爪先が当たってしまうか動かないように踏ん張ってしまった結果です。
そして靴中で足が泳いでしまうと摩擦熱が発生し、脳は衝撃に負けないよう皮膚を厚くして対処します。

ジャストフィットがシューズを長持ちさせる

昭和生まれの方は裸足で木登りした記憶はありますでしょうか?

ヒトは「落ちたら危ない」と思うと交感神経の反応で手や足の裏に汗をかきます。
結婚式場でスピーチを頼まれとき手にじっとりとかくあの嫌な汗のような感じです(笑)。
木登りでの汗は滑り止めの役目です。

靴のサイズが裸足より大きいと靴中で足が滑るため汗をかきます。
ご存知のように革でも布でも湿気には弱いです。
汗の湿り気で靴にダメージを与えると、ジャストフィットの靴よりも先に寿命が早く来てしまいます。

そしてサイズが大きいと前後(内外にも)に足が滑り足趾が先端に何度も当たります。
それが毎日繰り返されていくと、いつか穴が開くことになります。
ですからお子さんの成長期に「すぐ足が大きくなるから」と大きめのサイズを購入すると、足が大きくなってジャストフィットする前に穴が開いてしまい経済的によろしくありません。

ただし、ここでのジャストフィットの薦めは非日常なスポーツのときだけでいいと思います。
「ちょっとそこのコンビニまで」みたいなときはそこまでサイズ選びを攻めなくてもいいでしょう。
足と靴をジャストフィットにさせるには、いちいち靴紐を緩めて締めてをしなければなりませんから。
一日中靴を履きっぱなしの欧米と違い、玄関で靴を脱ぎ履き文化の日本では面倒ですからね。

 

 

目からウロコ!新・姿勢の常識 ページ一覧

なぜ日本人は世界的に見ても肩こり患者が多いの?

なぜ日本人は世界的に見ても肩こり患者が多いの? ※この姿勢についてのページは読み進めるとショックを受けて気分を害される恐れがあります。 特に「胸を張って顎を引く」という軍隊のような姿勢が健康にいいと心から信じている方はペ …→続きを読む

巻き肩(前肩)って実は悪い姿勢ではなく、それが普通なんです

巻き肩(前肩)って実は悪い姿勢ではなく、それが普通なんです まず、あなたに簡単な質問をします。 歯を磨くとき、顔を洗うとき、ハンドルを持つとき、肩甲骨の位置は斜め後ろ・真後ろどちらにありましたか? 「斜め後ろです」 「そ …→続きを読む

ストレートネックは首だけの問題ではありません

ストレートネックは首だけの問題ではありません このページは「なぜ日本人は世界的に見ても肩こり患者が多いの?」を読んでからですと、より納得しやすいです。 まず、ヒトの脊柱の生理的湾曲からおさらいしましょう。 腰椎は前湾、胸 …→続きを読む

良かれと思って行っていたストレッチが実はパフォーマンスを下げていたなんて

良かれと思って行っていたストレッチが実はパフォーマンスを下げていたなんて まず、質問です。 似たようなパフォーマンス能力を持っている2人がいて、これからボール投げの競争をします。 Aさんは開始ギリギリまで腕・肩周りを入念 …→続きを読む

外反母趾になってしまう理由とシューズ選びのコツ

外反母趾とシューズ選びのコツ 「人生で一度もハイヒールなんか履いたことないのに外反母趾になったんですよ」 「一本の白線ラインを踏むようなウォーキングを指導されたのですが、どんどん扁平足になっていくような気がして」 ひだま …→続きを読む

雪かきをスコップで行うときに腰痛になりにくいコツ

雪かきをスコップで行うときに腰痛になりにくいコツ ここ米沢では冬になると必ずしなければならないのが雪かきですね。 その雪かきで腰を壊してしまう方が毎年多いです。 特にスコップ作業で壊してしまうメカニズムを紐解いていきまし …→続きを読む