雪かきをスコップで行うときに腰痛になりにくいコツ

雪かきをスコップで行うときに腰痛になりにくいコツ

ここ米沢では冬になると必ずしなければならないのが雪かきですね。
その雪かきで腰を壊してしまう方が毎年多いです。
特にスコップ作業で壊してしまうメカニズムを紐解いていきましょう。

「それじゃスコップを普通に持ってみてください」と言うと大抵は左側ですよね。

もう腰を壊さなくなった私は右側の姿勢で行っています。

着目していただきたいのが左手です。
左側は逆手ですが右側は順手ですよね。
世の中で一番重いものを持ち上げる人はウェイトリフティング(重量挙げ)の選手です。
さて、あの重いバーベルは順手と逆手どちらで持っているでしょう?


答えは順手でしたね。
このほうがカラダに余計な捻じれをつくらず全身を連動させられます。
逆手になりますと肩の部分運動になってしまいがちで腰痛を引き起こしやすいです。

なぜ、肩の問題で腰痛が関係するの?

一般的に腰や背中の筋肉といえば「広背筋」をイメージされると思います。

腰椎や骨盤から始まって停止部位は上腕骨です。
膝を使わず腰部を固めたままで雪かきをすると広背筋に多くの負荷をかけてしまうからです。

対して順手で持っている人は自然と膝の屈伸で連動させているので部分的に負荷をかけずに雪かきができます。見た目通り私は細腕なので、いかに腕力に頼っていないかお分かりいただけると思います。

ヒトのカラダの筋バランスは下半身が約7割、上半身が約3割です。
それを考えると運動は下半身を主にしたほうが効率いいわけですね。
雪かきでカラダを壊す人は上半身が主になっています。

腰高の積雪なら逆手ですが膝下丈くらいなら圧倒的に順手のほうが楽に雪かきできます。
スコップは順手に持って鼻歌交じりで雪かきしてみましょう。

 

 

目からウロコ!新・姿勢の常識 ページ一覧

なぜ日本人は世界的に見ても肩こり患者が多いの?

なぜ日本人は世界的に見ても肩こり患者が多いの? ※この姿勢についてのページは読み進めるとショックを受けて気分を害される恐れがあります。 特に「胸を張って顎を引く」という軍隊のような姿勢が健康にいいと心から信じている方はペ …→続きを読む

巻き肩(前肩)って実は悪い姿勢ではなく、それが普通なんです

巻き肩(前肩)って実は悪い姿勢ではなく、それが普通なんです まず、あなたに簡単な質問をします。 歯を磨くとき、顔を洗うとき、ハンドルを持つとき、肩甲骨の位置は斜め後ろ・真後ろどちらにありましたか? 「斜め後ろです」 「そ …→続きを読む

ストレートネックは首だけの問題ではありません

ストレートネックは首だけの問題ではありません このページは「なぜ日本人は世界的に見ても肩こり患者が多いの?」を読んでからですと、より納得しやすいです。 まず、ヒトの脊柱の生理的湾曲からおさらいしましょう。 腰椎は前湾、胸 …→続きを読む

良かれと思って行っていたストレッチが実はパフォーマンスを下げていたなんて

良かれと思って行っていたストレッチが実はパフォーマンスを下げていたなんて まず、質問です。 似たようなパフォーマンス能力を持っている2人がいて、これからボール投げの競争をします。 Aさんは開始ギリギリまで腕・肩周りを入念 …→続きを読む

外反母趾になってしまう理由とシューズ選びのコツ

外反母趾とシューズ選びのコツ 「人生で一度もハイヒールなんか履いたことないのに外反母趾になったんですよ」 「一本の白線ラインを踏むようなウォーキングを指導されたのですが、どんどん扁平足になっていくような気がして」 ひだま …→続きを読む

雪かきをスコップで行うときに腰痛になりにくいコツ

雪かきをスコップで行うときに腰痛になりにくいコツ ここ米沢では冬になると必ずしなければならないのが雪かきですね。 その雪かきで腰を壊してしまう方が毎年多いです。 特にスコップ作業で壊してしまうメカニズムを紐解いていきまし …→続きを読む