家族の協力を得て食事の改善をする

運命というのは変えられなかったら運命だが

変えられる可能性があったらそれは運命ではない。

京都大学の山中伸弥教授の言葉。

 

世間の流行に乗り遅れた私は今頃になって『塔の上のラプンツェル』を観ることに。

movie

 ずっと塔の中にいるようにと育ての母から命じられていたが自らの意思で外に出て運命を切り開く。

個人的にディズニー映画の中では上位に入る作品だね。

 

昨日は高校生の施術を。

筋骨格系はようやく安定してきたので内臓系を細々と。
そこの反応も良くなってきたので後は家族の協力を得て食事の改善だね。
人工甘味料には手が伸びないように。

私が言ったみりんの話がツボにハマったようで大笑いしていた。
これで少しは食事に気を使うきっかけになったかな。

ラプンツェルのように自分でアクション起こしていこう!

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*