おならを我慢すると最終的には腸内で吸収される

月曜日は一日の施術の過去最高回数を更新させていただきました。
11名の皆さまがお約束通りにお越しになられたお陰です。 ありがとうございます!
新しいシステムもようやく浸透してきたかな。

嬉しい悲鳴としてはトイレに行く時間がないことですね。
今回は早くお越しいただいたお一人に謝って行けましたが。

尿は出したいときに出せますが、おならは「今だ!」というときに限って出てくれません。

生理現象とはいえ汚い話で申し訳ありません。

おならを我慢するときによく考えるのですが『おならスイッチ』なるものがないかなぁと。

一瞬だけ隣のドアを開けスイッチを押して溜まった分を出し、すぐ戻るみたいな(笑)。

おならを我慢することはよくないと思っている方が大多数だと思います
それでも我慢しなければならない場合はどこに行っちゃうのでしょう?

おならを体外へ出さないということは出口が塞がっている状態なので腸内で吸収されます。

そしてガスは血液へ溶け出し全身を回ります。
その通過点の肺でガス交換をされ一部は呼気として体外へ排出されます。

単純におならそのものがゲップみたく口から出るわけじゃないんですね。
おならが尿として排出することもないので、やっぱり我慢せず出すのが一番!

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*