股関節を正常な位置に矯正していくには靭帯への刺激が鍵

先日はお休みをいただいてセミナーに参加してきました。

今までは感じることが難しかった毛細血管の流れ。
講師の先生の手で誘導され感じることが出来ました。

テクニックの方では足関節、膝関節、股関節が捻れている状態から本来のポジションに正していくやり方。

このやり方の精度を上げれば上記の症状は特に「何でもござれ!」という位の万能なテクニックです。

セミナーから帰ってきて月曜日にタイムリーにO脚矯正のご予約が入っていたので早速やってみます。

案の定、反応は予想通り。
靱帯が変化していくので長期的な安定が望めそう。

ただ私の心の中も鬼にしないとキツイね。

 

時々患者さんから「先生はいつも元気ですね」と言われます。
たまーに腰は痛くなる時はありますが寝れば復活するレベルです。
セルフケアもしていますがそれには限界があります。

お休みをいただいて月に1回のセミナーに参加して、お互い練習をしているといつも良い状態でいられるんですよね。

セミナーは勉強すると同時に自分のメンテナンス日でもあります。

ABOUT ME

| 開業15年目の整体師

健康や姿勢のホントのところを伝授します | ひだまり整体院 院長 |【経歴】東京で長年の腰痛を克服し地元の米沢市で開業 ●山形県で唯一の姿勢分析師 ●妻子とネコの4人暮らし

SNSでもご購読できます