インターハイに向けてリミッターを解除していく施術

クルマの場合はスピードリミッターカットのパーツを買えばいい。
人間は機械じゃないのでパーツ交換ができない。
ならばどうやってリミッター解除するのか?

鍛えて鍛えて筋肉量は増量した。
でも、司令官である脳が変わらないと増えたぶんだけただの重りになる。

足廻りを換えタイヤも太くした、でも排気量が変わらなければ直線のスピードは落ちると同じ感じ。

チューニングはバランスである。

カラダを一生懸命使っているつもりでも動作に参加しない筋肉があればパフォーマンスは上がらない。

逆に足を引っ張ってしまう。
今までサボっていた筋肉が目覚めただけでも解除に繋がる。

施術ですることは他にもあるが結局は脳がそれを受け入れてくれるかが大事。
そして一時的ではなく常に使い続けられるかが練習の鍵。

今月末にはインターハイが始まる。
それまでいかに使える筋肉を増やしてリミッター解除していくか。

最後だし悔いの残らないようにいこう!

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*