軸足が不安定になると側湾症になりやすい

昨年から継続施術している中学生1年生。

整形外科で側湾症と診断されてからのご来院でした。
背骨は誰が触診しても分かるくらいの右凸S字カーブを描いています。

矯正ではどうにもならないのは分かっていたので別の視点で。
軸足がかなり不安定でしたので、まずはそこの安定を目的に施術。

本人に「良くなりたい!」とやる気があり、ご家族も協力的でしたので自宅でのバランストレーニングを施術と並行して励んでもらいました。

始めはこれ以上側湾が進行しないような気持ちで施術していましたが、最近は一般の方が触れれば側湾症と分からないくらいまで改善してきたかな。

今は月に1回の施術と間隔を空けてもキープ出来ています。
次のX線検査が楽しみです。

やっぱり、やる気がある方の施術は私も楽しみになるのです。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*