ギラギラしていた眼が優しい感じになる瞬間

詳しいことは書けませんが、ある病気によって働けない方。
県外の医療機関で定期検査しながら来院の時間を作ってくれています。

強力な薬によって症状は抑えられているとは思うんですが、いつも眼がギラギラしていて睡眠は毎日2時間しか取れない状態。

どんな方法を使ってでも眠ってほしいのですが、バリバリに働く交感神経によってなかなか脳がOFFになってくれない。

お腹の施術や筋肉へ強圧での反発を狙ってみるが変化なし。
今まで上手くいった施術が通用しない新しいタイプ。

そこで前回は全く関係なさそうなところからアプローチ。
すると・・・「スースー」と寝息を立てているではないですか!

施術が終わっても、あくびが止まらないようでギラギラしていた眼も優しい感じに。
「こんなところ(手)にスイッチがあったのかー」

後は日々のカフェイン摂取が減ってくれれば良いのですが…。
中毒ではないでしょうが、こちらは時間かかりそう。

人によってON・OFFのスイッチの場所は違うものです。
もっと経験を積んで対応できる症状を増やしていこう。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*