交感神経優位の方が作る支点は右肩

施術するポイントとして絶対に外せないのが右手と左下腿。
ヒトの問題はほとんどその部位に絡んできます。

今の時代は交感神経優位の生活になりやすいです。
その際、全身の血液を脳に絞り上げるわけですが支点が必要ですね。そこが右肩ということです。

右肩が壊れている方は大抵手からおかしくなっています。
手首を回すときに尺骨を支点に橈骨が動くのではなく、手関節が動いちゃうタイプ。

そこから捻れてしまうと肘関節も捻れ、その負荷が肩関節に繋がっていくわけです。
でも、手首が真っ直ぐになることってかなりハードルが高いんですよ。

先月に続き、今回のセミナーでも骨膜の施術を深く学んできました。
日々意識して施術しているつもりでしたが、まだまだですね。

参加者の中で一番合わせづらい方とペアを組んだのですが、合ったと思った瞬間逃げられての繰り返しで。お陰で普通の方を合わせるときは楽になりました。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*