「妊婦に対して施術してはならない経穴」を刺激してみる

今までの数年間で妊婦さんへの施術を多数してきましたが試せなかったことがあります。

それはガイドラインに出ている「妊婦に対して施術してはならない経穴」への刺激。

それらは陣痛を誘発すると考えられていたので今回はそれを逆手にとって妻へ刺激してみました。

肩井や仙骨、ふくらはぎの三陰交など。

仙腸関節なんかは触れながらどんどん緩んでいって「骨盤ってこんなに動くんだ~」と冷静に感動。

陣痛に耐えている妻には申し訳なかったですが、お産というイベントを楽しませてもらいました。

分娩台というあの変な体勢で息みやすくするのに必要な筋肉のコンディションも整えながら。

実際に乗ってからも試したいのがありましたが12分後にあっさりと生まれてきてくれましたので次回のチャンスに取っておきましょうかね。

一般人の男性が一生のうちにそう何度も入れない分娩室。
これからそういうチャンスに恵まれる方はぜひ立ち会いを!

SNSでもご購読できます