食生活の乱れから内臓系の不調に至る

今年に入ってから内臓系の不調による腰痛の方が多いです。

年末年始で美味しい物を食べ過ぎたんでしょうかね。
皆さん、お腹が固いです。

そんな時はお薬を飲むより一食、二食ご飯を抜いてみるのが回復への早道だったりします。

常に何かお腹に入っていますと、それを消化しなければならないので内臓は疲れちゃいます。

水分以外を入れなければ、その間は「消化」という作業をしなくて良いので、傷んでいる部分の修復に専念出来ます。

お薬で傷んだ部分にフタをすれば痛みは隠れますが、フタがはずれればまた痛くなりますよね?

長い目で見ればカラダに負担をかけないで治した方が良いはず。

一食、二食抜いたところで体重はたいして変わりません。

時にはお薬に頼るよりも、ご自身の治癒力を信じてみるのも良いですよ。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*