脳にインプットするには捻じれをなくす

セミナー後は講師の先生から施術を受けてきます。

特にこれといった症状はないのですが私自身のレベルアップのために。

体も内臓も揃ってきているのですが講師の先生からは「どこ行きたいの?」という感じに見えるそうです。

それが私の中で出始めていた「迷い」ということでしょう。
立っただけで見透かされてしまいます。

今は体の変化に対し脳がそれを妨げているので「呼吸を変えるしかない」と。
とはいっても直接呼吸器をどうこうしようというものではありません。

ある部分を整えることによって、そこに従わざるをえない状態にもっていくこと。
私の場合は左足

今まで脳がつくっていた呼吸リズムをこれからは左足から入る正しい入力に従うということ。

ただ、普通に足関節を分離したり位置を合わせても途中が捻れていれば脳にインプットされません。

他の捻れを取ってからのインプットが前提になります。

施術後立ってみると常に感覚の乏しかった母趾が床に吸い付いている!

よーし、これからは足にならって生活していくぞ。

 

SNSでもご購読できます