火事場の馬鹿力は本当に出せるのか?

個人的には出せると思っている。
まだ完全に解明されていないが、ヒトがフルパワーと思っている状態はまだ70~90%であるらしい。

100%出し切ってしまうと筋繊維が壊れるからマージンを残す。
それにヒトは知能が発達しているから、ついつい明日のことを考えて全力を出し切れないのだろう。

その明日がなかったとしたら?
“今”を生き延びなければならないから全力で戦うor逃げる。

不審者から追われた話

Aさんは友人の結婚式の二次会後、家に帰るため駅に向かって横断歩道を歩いていた。
すれ違いざま目がちょっとイっちゃってる男と目が合った。
すぐ目を逸して渡りきったが、反対車線を見るとこちらをジ~と見ている。

(これはヤバイ、追いかけられるかも)と直感が働きダッシュ。
向こうの横断歩道が赤信号のうちに隠れよう。
そうだ、知人が働いているお店に事情を話し匿ってもらおう。

そろそろ大丈夫かな~ その知人と店の外に出る。
うん、大丈夫のようだ。
また駅方面に歩き出す。

が、あの横断歩道で怪しげな人影を見る。
もう怖くてヤバイ人なのか直視できないから、とりあえず逃げよう。

2つ目の信号が青だからそこまで渡りきりたい。
猛然と走っていると右折で交差点に進入してきたタクシーが。
急ブレーキと同時にジャ~ンプ!

助手席側から運転席側までボンネットを飛び越えて着地。
ただ、ベリーロールのように落ちてしまい左肩を強打。

「おい! ね~ちゃん大丈夫か?」
タクシーの運ちゃんが尋ねてくるも今は逃げることが先決。
痛みを堪えて「大丈夫で~す♪」と笑顔で返す。

タクシーは無傷だったのに後から分かった自分は肩の亜脱臼。
とんだ災難だった。
しかも本当にあのヤバイ人だったか定かじゃないのに…。

 

現役のスポーツ選手ならともかく、普通の女性がタクシーのボンネットを飛び越えられるだろうか?

それが火事場の馬鹿力だと私は思っている。
ヒトのポテンシャルを甘く見ちゃいけない。

精神科の病棟では1人を3人がかりで押さえることがあるらしい。
やはり鍵はだな。

認知症の高齢者も我を忘れれば結構力強い。
脳を上手くコントロールできたらオリンピックで無敵だ。

 

ABOUT ME

| 開業15年目の整体師

健康や姿勢のホントのところを伝授します | ひだまり整体院 院長 |【経歴】東京で長年の腰痛を克服し地元の米沢市で開業 ●山形県で唯一の姿勢分析師 ●妻子とネコの4人暮らし

SNSでもご購読できます