自動車教習所のシミュレーションで画面酔いしちゃいました

いや~久々にグロッキーになり2日間ボッロボロでした。
元々車酔いしやすかったので年月をかけて克服してきたつもりでした。
が、シミュレーションは別モノですね。

セミナー後に講師の先生から施術を受けてきました。
それまではカラダ全体のバランスが整っていたのでどこも修正を加える必要がなかったのですが…。

三半規管と眼球が過敏になりすぎて画面の揺れに対してカラダまで揺らされていたようです。
そりゃあおかしくもなりますね。

頭蓋骨の中心は蝶形骨なので、そこの位置を浮き立たせて更にその中心を作ります。

中心が認識できますと寝たときに脳の活動がOFFにできます。
これで今までダメージが蓄積していたカラダの回復に集中できますね。

先日、カラダよりも脳にダメージがあるんじゃないかと思ったこと。
上下巻で800Pを超える小説を読んでいたんですが、どうも話の展開が唐突過ぎて理解しきれないまま読み進めていました。

「こういう小説もたまにはあるかな?」と最初は軽い疑問だったのですが、いよいよ登場人物の関係性が理解不能になってしまいました。
ふと目次を見てみようと最初のページに戻ったら『エピローグ』の文字を発見します。
「なぜ上巻にエピローグが・・・?」 んっ!? そう、もしやの下巻から読み進めていたんです。

やっちゃいましたね~ 「59Pも読まないうちに気づけよ!」と自分にツッコミをいれます(笑)。
それ以降「カラダだけでなく脳も休めないと」と反省したところでした。

 

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*