眼が笑っていない人への施術部位

あなたの周りではいませんか、口は笑っているのに眼は笑っていない人。何かに耐えて顔が能面になっちゃった人。

実はそれ私かもしれませんよ(笑)。
今は大丈夫ですけどね。

今回のセミナー後に受けてきた施術部位はまさにそこでした。
上顎骨と頬骨の繋ぎ目。

眼の周りにあるグリーンの上顎骨と薄いオレンジの頬骨。
ここがカッチカチに締まると表情筋が突っ張って広角が上がりません。

様々な感情を押し殺しながら生きている人は締まりやすいかもね。
私もそろそろスーパーサイヤの衣を脱いで次の層に移行せねば!

これまでの私はどんな動作も無意識に省エネモードで動いていました。
重い物を持っても最小限の筋力だけで大半を骨や連動に任せていました。
だから筋肉が増えるわけもなく腕は細いまま。

でも、ようやく次のレベルの層に足を踏み入れているので並の四十代の疲れ方をまともに浴びています。講師の先生曰く「マッチョになりたければ今がチャンスだよ」と。

それまで最高だったバランスが崩れかけているので、少し動けばすぐ筋肉が反応します。
マッチョ化するかどうかはさて置き、人間やっぱり喜怒哀楽のバランスは大事ですね。

昨年まで 

今年から 喜怒

我慢したぶん、必ずどこかに歪みがきます。
これからは欧米人のように感情を表に出していこう!

 

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*