知っててカラダの回復を妨げるようなことは言えない性分

毎年9月は「がん征圧月間」ということですが・・・どうなのでしょう。

いろいろと対策はしているようですが患者数は減っているのかな。 むしろ増えている気が…。

整体の業界では肩こりを訴える方も増え続けているのではないでしょうか

ネット環境が良くなった現在、○○体操とかの情報が溢れていても改善しない場合が多いようです。

「ようかい体操第一」はおもしろいですね。 やっぱりラッキィ池田さんは天才!
アニメはジバニャンが可愛いし大人も楽しめるので私は好きです。

 
jiba

話が脱線しましたが、仕事が忙しいのに体操をする時間ってないものです。

ちょっとだけ意識を変えて楽なポジションにカラダを持っていけば、こりを防げるんですが

ただ、その意識というのは世間一般の常識から離れているので簡単に受け入れてもらえないのは事実。

テレビに出まくるような有名なお医者さんが言えば一般的には「正しい」と認識するわけです。

壁に背中や頭をつける姿勢なんて私には1分も持ちませ~ん。

少数派の意見なんて「そんなこと聞いたことない」で済まされるか「お前はアホか」と終わるのがオチ。

カラダが休息を求めているのにストレッチして筋繊維に更にダメージを与える人の多いこと

ストレッチが悪いとは言いませんがタイミングがあるわけです。

当院ではなるだけカラダからの声を代弁して初診の方に正直に伝えるようにしていますが2割くらいの方には受け入れてもらえないかな。

全ての人に受け入れてもらえるよう八方美人的に振る舞えばいいのでしょうが知っててカラダの回復を妨げるようなことは言えない性分です。

これからも少数派で地道に活動していきます。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*