ちょっとやそっとでは疲れないレベルに移行

温泉の翌日はY先生の所へ治療を受けに。

前回の課題は『体を追い込んで心肺機能を高める』こと。

Y先生曰く「一番良いトレーニングは山登りである」と。

ということで先月はセミナーがなかったので自分なりに登山やランニングで追い込んでみることに。

まず立位をチェックしてもらうと「両側の肺は膨らみたがっているのに心膜がそうはさせてくれない」と。

ついでに眼球もその心膜に引っ張られて緊張状態にある。
治療を受けていると左半身、次に右半身と血液が流れてくるのが分かる。

最後に篩骨の緊張まで取られると・・・「ヤバイ、口が閉じない」

ただでさえアホ面なのに、ますますアホさ加減に磨きがかかってしまった。

今まで勝手に体が作っていた緊張が治療で解かれてしまい気を抜くと口がぽか~んと開いてしまう。

でも、これで部分的な緊張がなくなり全身が連動するので、ちょっとやそっとでは疲れない体に移行。

更に一つレベルアップしたかな。

この状態を更に高めるために来月まで山登りというトレーニングは継続。

火曜日は晴れてくれよ!

帰り際、産休中であまり話せなかったY先生(なぜかこの日はY先生が3人!)からは「横堀さん、産休前より強く見えますよ」と嬉しいお言葉をいただく。

後は年末年始まで長期連休を取れませんので、しっかりトレーニング頑張ろうっと。

 

SNSでもご購読できます。