普通になった結果・・・ついにご懐妊

来院当初はデスクワークでの典型的な肩こりを改善したいとのことでお越しになりました。
真面目すぎる性格が災いしてか睡眠も影響を受けていて自律神経失調症のお薬を服用しています。

まずは何といっても座っている姿勢を変えることからですね。
世間一般の「いい姿勢」では血液の循環や内臓の働きを低下させてしまいます。
脚を組んで背中を丸くしてもカラダは歪まないことを知ってもらい罪悪感をなくして。

顎関節症も患っていましたがX脚の影響が強かったので股関節の調整から。
股関節の歪みがそのまま顎関節に直結しますからね。

2回目まで位置情報が記憶されていましたので脳が素直だと判断して顎関節の調整。
3回目には「いつの間にか普通に顎が開けていました」と。

確かに施術する前の姿勢チェックでは地に足が完全に着いていて安定していましたからね。(やべ~ 今日はどこを施術しよう…)という心の声(笑)。

一般に不妊はカラダの冷えが原因の一つとして考えられています。
私はそこまで信じてはいません。

精子でも卵子でもタンパク質は熱に弱いですが凍結保存すれば半永久的に残せます。
冷えを気にするより子宮等の内臓を働きやすくする姿勢をしたほうが、よっぽど効果的かと。カラダの各機能が普通に動けば普通に着床するという考え方です。

こちらの方は先日妊娠のご報告をいただいて施術は一時的に中止となりました。
おめでとうございます!
今の産婦人科医は『安定期』という言葉を使いませんが4ヶ月頃までは丁寧にカラダを使ってくださいね。

 

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*