朝寝、昼寝、夜寝を経てドカンと回復

精神の問題で前職を辞めることになった方。
5カ月の休養期間を経て、ようやく働こうという気分になりました。
前回の経験からまずはパートタイムで。

それから働き始めて2週間。
覚えることがたくさんあり体力もヘロヘロ。
回復するには寝るしかありません。

休日の朝、家族分の食事を作りそのまま寝室へ直行。
朝寝後、昼食を作り昼寝、そして夕方に起きて晩ご飯の支度。
これだけ1日の大半を睡眠に充てたのは初めてだったとのこと。
その翌日はすっかり回復して絶好調だったそうです。

私がそのお話しを聞いて安心したのは精神面。
今まではキツくなると眠れなくなったのに、今回はその真逆。
ちゃんとカラダの声に従ったお陰ですね。
声に逆らい続けますと、また精神面が病んじゃいますから。

家族は母親が丸一日寝ていても何も言わなかったそうです。
いくら子どもといえども一度病んでいる姿を見ていますからね。
強いて言うなら高校生の娘が「食事は自分たちで作るよ」と言ってくれたら点数上がったのに~と(笑)。

他者をいたわる気持ち

学生服が夏服になった6月です。
腕が露出して今まで見えなかった部分が見えてきます。
どんなに自傷した痕があっても私からは訊きません。

「そんなのしちゃダメ!」というのは簡単ですが、本人が一番分かっているはず。
どこかで話してきたら「あ~そっか、大変だったんだね」と伝えますかね。

誰もが子どもの時代はあったわけです。
感受性が豊かなお陰で大人の何気ない一言がグサッと刺さりましたよね。
私も言葉選びは気をつけなければいけないところです。
そんな経験をされた方ほど他者をいたわる気持ちは育まれたと思います。

言葉で相手をぶん殴るなんて、もってのほか。
一部の大学教授の言動なんかに見え隠れしています。
その立場になるまでは大変なご苦労があったことでしょう。

そりゃあ世間一般からすれば知識人ですから、何も知らない学生たちは立場的に下なんでしょう。
だからといって人を見下したり小馬鹿にするような発言をしていいとは限りません。
他者がどういう考えで行動しているのかを知ろうともせず「自分の意見だけが正しいんだ!」では残念です。

時代を変えてきたのは決して偉い人だけじゃなく一般人も多いのです。
例えば研究室で使用される顕微鏡がありますね。
それを世界で最初に作ったのはオランダ人のアントニ・レーウェンフック。
高等教育を受けていない普通の一般市民ですよ。

専門的な知識のない素人のアイデアが世紀の発見に結びつくことは科学史上、何度も起きています。

いろいろな意見や視点があっていいのです。
同じ考えの人ばかりでは間違っていた行動の場合、総崩れしますよ。

異なる多様性をも包み込む人間としての余裕が欲しいですな。
同調圧力ではなく、自分ならどうしたいのか?という気持ちを一番大事に。

生物学的に決してヒトが一番優れているとはいえません。
ポテンシャルの高い生物は他にもたくさんいます。
それなのに狭いヒトの世界の中だけで優劣をつけようなんて、おこがましいのです。

憶測だけで人を責めないように

人類の歴史としてワクチンによってウイルス性の感染症が収束した例がありましたでしょうか?
私は未だ見つけられていません。

「新コロはただの風邪なんかじゃないんだ」
そう発言する方は厚労省の見解を否定していることになります。
厚労省HP 新型コロナウイルス感染症について

ウイルス性の風邪の一種です』そう初っ端に記載していますね。
インフルエンザも当然ながら風邪の一種です。
それを「違う」と言われてもカテゴリ的にはそういう分類なんです。

医学的に『風邪』はまだまだ分からないことだらけなんですよ。
2020年は風邪について世界で一番研究が進んだ一年だったことでしょう。
重い風邪もあれば軽く済むのもあるのです。
それを憶測だけで決めつけて人を責めたりするのは恥ずべきこと。

・マスクが効果的だろう
・手洗いが効果的だろう
・無症状者がウイルスを撒き散らすのだろう
・ワクチンに期待できるだろう

上記は全てシミュレーションが出した「○○だろう」であって、未だ誰も科学的に証明していません。
人に何かをお願いするには根拠が欲しいですね。憶測ではなく事実が大事。

AIとシミュレーションだけで結論が出るなら研究室なんて必要ありません。
満を持して世に出した新型車がなぜ毎回リコール発生するのでしょう?
小さな不具合も見逃さないようテストドライバーが長期間走行していても、一般人は想定外の使用をしがちです。

マスクの効果については過去に国内外含め幾人もの研究者たちが生身の人間で実験し論文を多数提出しています。
顔の真ん前でくしゃみをするような現実ではあり得ないシミュレーションとは違いますよ。
私はシミュレーションよりリアルな人間の行動の結果を信じています。

以下は昨年デンマークで行われたマスクのランダム化比較試験の結果。
約6,000人が対象です。ニュートラルな目線で読んでみましょう。
https://www.acpjournals.org/doi/10.7326/M20-6817

さて、シミュレーションだけで弾き出した結果を信じる人と本物の人間で実験した結果を信じる人、どちらが科学リテラシーが低いのでしょうか?

ウイルスはヒトの体内で変異する

クラスターが発生した飲食店、本当にそこが発生源でしょうか?
答えは誰にも分かりません。
ウイルスに住所は記載されていませんから。

神戸市の男性が新たな変異株を持っていたのが物語っています。
空気中で変異するわけではなくヒトの体内で変異するのです。
誰とも接触していない高齢者が検査で陽性になるのと一緒。
自分の体内だけで発症・変異することもあるのです。

ワクチンで重症化を防げるのか?
これも明確な答えは出せないはずです。
同一人物が同じ条件で比べることができないからです。
たまたま重症化しなかったら「ワクチンのお陰だろう」となるだけ。

私は人を動物としてのヒトで見ていますから「強いもの」という位置づけ。
でも大半の方は人間として見ていますから「弱いもの」になるのでしょう。
不安になると免疫システム以外のマスクやワクチンに頼ってしまうのも頷けます。

この騒動をどういう目線で見るかで解釈が変わります。
生物・歴史・医学・科学など多様な視点でバランスよく見ていきましょう。
ついでに騒動の背景にある政治的な動きも見られたらバッチリですね!

 

SNSでもご購読できます