施術によって疲れを感じやすくなるが得られるメリットは多大

左前腕の問題はそこだけか?というと他にもある。
私の場合は脳梁の連携に難あり。

右→左には連絡できているが逆は通りにくい。
今回のセミナー後の私自身への施術ポイントはそこに重きをおく。

施術後立ってみると右下肢が突っ張るような緊張でフラフラしてしまう。

今まで左前腕を緊張させてバランスを保っていたのが、突然そこが緊張できなくなってしまった。

すると脳は新しいバランスを探そうとしてフラフラする。

5分くらい治療院内をウロウロして正しいほうの左下肢の状態を右に学習させる。
よし、徐々に揃ってきたぞ。
その後また立ってみると体壁系はほぼOK。

肝臓がどうしても残ってしまうが今の私の状態なら時間の問題で解決するので気にしない。

どんどん新しい感覚を手に入れている私のカラダ。
すると何が起きるかというと疲れを感じやすくなる。
疲れないカラダなんてゾンビだからね。

感じやすくなることで早め早めの対処ができるのでカラダが壊れにくくなる。

これまでは疲れが溜まればドーンと寝て回復していたのを、これからはマメな休息をしていくようにと。

除雪の日々をどう休息していくかが次回までの課題だね。

SNSでもご購読できます