やはり西洋医学と整体では観ている視点が違うのです

側湾症について、もう数十年前に分かっていた事実だと思っていましたが…。

「人を観る」と言っても、どんな職業に就いているかで視点が違うのです。
例えば三色ボールペンを右から観る人、左から、上からでは観える色が違ってきます。

朝日新聞の記事より

『痩せ形の女子中学生、側湾症に注意 かばんは関係なし』

 やせ形の女子中学生は、背骨がねじれるように曲がる「思春期特発性側湾症」になりやすいことがわかった。一方、かばんの種類や睡眠時間などの生活習慣は関係ないことを、慶応大などの研究グループが明らかにした。米専門誌に発表した。

 思春期の女子に多い特発性側湾症は日本人の約2%が発病し頻度が高い病気だ。遺伝的な要因と生活習慣がかかわるとみられているが、原因はよくわかっていない。グループは、健診で側湾症の疑いがあった東京都内の女子中学生2600人を調べた。側湾症と診断された1228人と診断されなかった人を比べて発病のリスク要因を探った。

 その結果、肥満度を示す体格指数(BMI)が18・5未満のやせ形の生徒は、18・5~24・9の生徒に比べてリスクが1・38倍だった。通学かばんがリュックサックか肩掛け型か、勉強時間、睡眠時間、寝る姿勢では差がみられなかった。

 また、バスケットやバドミントンは発症リスクをやや低くし、クラシックバレエがやや高くすることがわかった。ただし、バレエをして側湾症になったのか、側湾症になりやすいやせ形の子がバレエをしているのかはわからないという。

 渡辺航太専任講師(整形外科)は「側湾症で悩んでいる子どもや家族への生活指導で有効な情報になる。さらに遺伝子と生活環境の関連の研究を続けたい」と話している。(瀬川茂子)

私は側湾症について7年前にアップしていました

『軸足が不安定になると側湾症になりやすい』

この業界にいる人は側湾症に対し背骨をチマチマいじったりボキボキ矯正しても効果がないことは常識ですね。

斯くいう私が12年前、側湾症に対する施術法を確立していなかったので矯正を試して玉砕したこともありました。

背骨が曲がっているから単純に真っ直ぐにすればいいという話ではないんですね。
ウサイン・ボルトが側湾症でなかったら金メダル取れていなかったかもしれません。
ちゃんと理由があって背骨は湾曲していくのです。

地球の自転を考えれば左右どっちの足に体重が自然と乗るべきか観えてきます。
日本もジャマイカも赤道より北に位置していますので左ですよね。

 

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*