処方薬を捨てるなんて決してしちゃいけませんよ~

あ~ 恐ろしい。
薬の飲み残し(残薬)を減らせば100億円の医療費を抑制できるのに。

現役で働いている方は3割の自己負担額で処方薬を購入していると思います。
高齢者は1~2割の負担でしょう。

困ったのは高齢者の残薬です。
果たしてどのくらいの高齢者が保険調剤の内訳を知っているのかな?

おそらく知らない方々が平気で残薬を捨てているのです。
お医者さんへのご機嫌取りと国の財政を天秤にかければ、そんなことできないはず。
現役で働いている方は自分の財布の中身と直結するので、そこは敏感ですよ。

健康保険、国庫や市町村の税金、事業所の負担金で7割を占めます。
医療費を抑制することが結果的に我々が支払う健康保険税等を減らすことができるのです。

病院や薬局での会計システムを見直しませんか?

一旦全額を窓口で支払いましょう。
後日、自己負担額を除いた金額が振り込まれるシステムに。

そうすれば風邪くらいで医師にかかろうとは思わないでしょう。
国民皆保険の有り難みが高齢者にはどうも欠けているように感じます。

残薬は正直に医師や薬剤師に相談・報告しましょう。
「何で飲まないの!」と怒られても捨ててしまうよりマシですよ。

こういうことを記すと高齢者に冷たく、乱暴な考え方をする人間に思われます。
どう解釈されても私は構いませんが、日本という国を真剣に考えているのです。
高齢者へ投薬数や手術件数を減らした結果、平均寿命が延びた夕張市をヒントにできれば。

ここ米沢市でも私が知る限り2つの医院は健康診断結果で多少数字がオーバーしていたとしても積極的に高齢者へ投薬させない方針のようです。いい流れが全国に広まれ!

 

 

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*