考え方

続・側弯症の変化

2カ月前に記載したブログ。 側弯症の改善は中・高生までがリミットか? 先週、経過観察中のX線撮影の結果をお聞きしました。 「側弯角が23°から20°に改善していました♪」と。 「えっ!? そこまで改善しているとは予想以上…

ウイルスは敵ではなく味方

ウイルスはお友だち! この考え方はコロナ前も後も一貫しています。 メディアで「ウイルスには抗体を作るしかない!」と言っておきながら逃げまくっているのが現状。 一体何をさせたいんでしょうか? 今後何十年と日本で普通に生活し…

施術用ベッドに付いたマニキュアの跡を取る

この業界に入りたての頃は爪の保護のためにマニキュアを塗っていました。 男性なので透明なのをね。 以後はほとんど強押しをすることが皆無になったので何も塗っていません。 せいぜい爪にヤスリを掛けるくらい。 さて、今回は16年…

植物のチカラは侮れない

ヒトは動物なので、お腹空いたら食べ物を取りに行けます。 かたや植物は土に根を張っていますので動けません。 動物・植物どちらも生存競争は激しいですが、頭がいいのは植物のほうかもね。 日照りが続いても地下深くまで根を張ってい…

こんな間違いは二度と起こしてはいけない

昨日まで東京のみで今月熱中症で亡くなったのは79名。 これを多いと見るか? 厚労省の統計によると熱中症の死亡数は1993年以前まで年平均67人だそうです。 果たして温暖化とエアコン不使用だけが原因でしょうか? 高齢者の死…

食べるときは「美味しい!」ということだけに集中して

カラダが「美味しい!」と感じるものは積極的に摂りましょう。 大抵それは足りていない栄養素だったりします。 食べる前に唾液が出なかったら「今はそれじゃない」としてスルー。 ただし、難しいのはお菓子や甘いもの。 これは胃では…

風邪の症状で抗生物質欲しい人? は~い!

こんなにも欲しがる人がいるなんて…。 このグラフを見て「日本が心配になった」と思った方は大丈夫です。 信じたくありませんが、これが現実の日本ですよ。 やはり幼少期からの教育で海外と差がつくのでしょうか。 昨年行われた国立…

“美しさ”は万物共通の形

すごく研究熱心な中学校の先生。 学校から1円も出ないのに自費で各地へ研修を受けています。 今まで4つの学校に赴任されましたが、顧問を受け持った部活動では全て地区大会優勝に導きました。 生徒のレベルが似通う高校と違って中学…

半年後、一年後のイメージを持とう

改めて気づいたこと。 症状が治ったらやりたいことがある人は改善が早いのです。 先日は77歳の方が仰っていました。 「私からお茶を取ったら何も残らないのよ~」と。 主訴は下肢のシビレ。 整形外科では病名がつかず。 お茶を点…

終わりの見えない肝だめし

先日の東京都知事選では「コロナはただの風邪」と訴えた候補者が約9,000票を獲得。 投票所に行った約1,000人に1人が一票を投じた計算。 『感染者数』という数字のトリックに気づいた人たちです。 まだこんなもんですかね~…

ちょっと待って、パワーストーンはそっちの手首?

せっかく自分に合ったパワーストーンを買ったのに私から見て「惜しい!」という方が割と多いです。 手首につける場合、効果が半減どころかマイナスなんてことも。 お店によってエネルギー放出なら右腕、パワー吸収なら左腕というように…

あなたも行っている病気生産所

コロナ騒動後はより良い未来が待っていると信じています。 もちろん、時代と共に変化できる人たちだけね。 この数か月、町医者から総合病院まで軒並み収入減となりました。 特に大病院は手術件数を大幅に減らしているので仕方ないね。…