内臓

食べたいものを食べる

例年のGWなら魚を食べに日本海や太平洋に行きます。 が、今年は県知事からの要請で「越境はしないで」と。 米沢という地理からすれば上山市に行くのと福島市に行くのは似たような距離。 リスクは変わらないのに越境しただけで白い目…

冷静な判断をするには肋骨をゆるゆるに

ここ1カ月は交感神経優位の方が明らかに増えています。 原因はウイルスに対する恐怖であり、先行きへの不安も。 恐怖は対象物があるのでまだいいのですが、不安はハッキリとした対象物がないので厄介です。 考えれば考えるほど答えが…

淘汰されないためには「臨機応変さ」が重要

新型コロナウイルスに対してWHOはようやく「パンデミック宣言」を出しました。 今までも人類の歴史の中で様々なウイルスや細菌によって多くの死者を出してきました。 今回のウイルスも歴史の教科書にいずれ載るんでしょうね。 経済…

施術院の並行利用は損か得か?

例外を除けば、どこかと並行して施術するというのは避けるべきですね。 カラダにいろいろな入力をされると超不安定状態が続きます。 ごちゃごちゃになっている状態になっていたらどうするか? 一度壊して、もう一度再構築していく過程…

五感がくたびれていませんか?

先日「1週間で4kg痩せました」という方がいらっしゃいました。 どんなダイエット方法なのかと思ったら・・・胃腸炎だったそうです。 そりゃあ容易に食べ物を受けつけませんから勝手に痩せますよね(笑)。 私は3年前に同じような…

こういう方を「優等生」と呼ぶんでしょうね

4月から定期的に施術しているMさん。 1年以上前から続く左腰痛が主訴でした。 初回時でほぼ改善するポイントは見抜けていました。 立位は、つま先体重・反り腰・胸張りという完全に交感神経優位。 脳はどんなに「辛い状態から抜け…

道具に自分のカラダを合わせる!

あるトッププロのインタビューを観ていて共感したことです。 生き方のヒントにもなります。 「僕はどんなに調子悪くても道具のせいにしません 動かしながら自分のカラダを合わせていくんです」 人間ですから機械と違って日々状態は違…

食物アレルギーについて考える

保育園や学校の関係者から食物アレルギーについてお聞きする機会が増えました。 「昔はそんなに居なかったのにね~」と。 結婚しても同居することがなくなったのもその要因の一つかな。 「いい塩梅」という日本には素晴らしい言葉があ…

超一流の選手はOFFでの脱力も上手い

小学校4年生のお子さんの母親から質問されました。 「体育座りって内臓を圧迫するので、しないほうがいいんですか?」 どうも学校で1時間半、体育座りをすることがあってからバレーボールのレシーブで「お尻が痛い」と言うようになっ…

家電は電源切ってから直したほうが効率がいい ヒトも同じ

24年前の今日は阪神淡路大震災が起こった日でした。 その際に起きた火災の原因の6割は「通電火災」といわれています。 他にも日本人はこの震災で多くのことを学びました。 一度停電して避難したもののブレーカーを落とさなかったば…

施術後の安定感が維持しにくい方の特徴(思考)

何十という治療院を経て当院にいらっしゃる方が今年は多いです。 話しを聞いてみると改善が安定しない理由が見えてきます。 「いろいろな施術を受けてみたい」という興味本位で移るならいいんですが…。 これはこれで施術者にとっては…

抵抗とは入られないためのもの

頭蓋骨を触れるときに何も手を作らずに触れようとすると、それだけで相手は構えます。 よく頭蓋骨を施術されるとすぐ眠りに堕ちてしまうという方がいます。 この場合は2種類の理由があります。 1.脳圧が下がって、一つひとつの骨の…