内臓

西洋医学では改善されないのだから、それとは違う視点で観る

精神疾患で数年前から職を離れている方。 私の中ではすごい苦手分野だが、ご紹介でいらっしゃったので期待に応えなくては。 初回から顔色が悪く立っているのもやっとという感じ。 しかも踵という一点で立っているのでフラフラして当然…

「不治の病」を「淵の病」に変換すると気持ちが変わる

「『不治』の病って書くと悲劇っぽいけど、『淵』だと崖っ淵みたいでいいでしょ」 上記は最近読んだ本に書かれていたもので病に追い込まれると人はいろいろ考えてしまうんだなあ。   こちらは現在進行形で闘っている方。 …

眼圧の調整で血液が一気に下半身へと集中する

セミナー後はいつも通り私自身が施術を受けてきます。 練習中では取りきれなかった腸の強張りと脾臓が対象。 受けている最中から左半身の小さな緊張が徐々に解けていく感じに。 最後に眼圧も左右調整してもらうと血液がズドンッと下半…

人間は機械じゃないのでそこまで左右対称にこだわらない

たまに別なところで施術を受けてきた方から「脚の長さが左右で違うって言われました」と聞きます。 「・・・・・・」 そんなに大事ですかね、脚長差って? 人間は機械じゃないですからそこまで左右対称にこだわらなくてもいいのではと…

雑談が何かのヒントになって改善に繋がる場合がある

先日はたまたま予約が集中してチャレンジしがいのある日がありました。 それまでの一日の施術人数を一人上回って記録更新となりました。 限界かと思っていた数字を超えたことで「やればできるんだ」と自信に繋がりましたね。 そんな状…

子育てには悩んだものの食育だけは間違っていなかった

「お母さん、今までの実家暮らしがどれだけ幸せだったのか分かったよ」 4月から進学で県外に住み始めた娘さんの言葉。 生活のリズムが変わって自炊の時間を作れず、ついついファストフードに手を出してしまった。 すると同期の子が「…

上腕骨への刺激でお腹がギュルルルと動き出す

セミナー後はいつものように私自身が受ける治療の時間。 時間を作ってくださる講師の先生に感謝。 内臓に関してはかなり気を使った2カ月でしたので順調そのもの。 ところが左下肢に力が入らないため安定せず回復の妨げになっている。…

普通の反応が出るカラダまでが大変な人もいる

今回もセミナー後は私自身の治療を受ける時間に。 空気が澄んでいるこの時期はビルの7階から望むスカイツリーがくっきり観えている。 前回は内臓系を治療してもらったので今回もその続きで。 長年動かないでいた癒着した部分はさすが…

症状の改善には本人が自覚していないところがヒントになる

月に1回のメンテナンスでここ最近はずっと調子よかった方。 先日「腰がどうにも辛くて予約日を前倒しにしてほしい」と。 何かしたかと思い返しても、廊下のモップがけやワックスがけくらいなものらしい。 それからというもの立ってい…

人間も生物、ということは微生物との共存も必要

先日疑問に思った「食中毒で上からと下から出る理由」について考えたみた。 単純に毒素を素早く出すという意味で上から出す方がカラダの反応としていいのかな。 自分なりの答えを出してから講師の先生に質問してみると「例外を除いて胃…

お腹がサイフォンのようにポッカリ空く

セミナー後はいつも通り私自身のメンテナンスで治療の時間。 しばらく調子よかったが今月に入ってからというものカレーを食べると腹痛になる。 そんな時に施術をしていると「ん~なんでだろう、手からの情報がぼやけてる」 その理由が…

新たな感覚を手に入れるためには今までの安定を壊す

この数ヶ月、超サイヤ人モードだったカラダも終わりを迎えようとしています。 いつもの休日なら外にいる時間が長いのに昨日は低気圧も手伝ってか家でまったりモードです。   日曜日のセミナーでは新たな発見、そして基本の…